雨は降る。太陽は出ない。じゃあチャレンジするしかない!

みなさん、こんにちは。岐阜県郡上市でオーガニックな農家民宿を営む多田っちです。またもやかなり久しぶりのブログアップになってしまいました

しかし毎日ワタクシは何やってんでしょうね〜。おかしいなぁ? そんなにヒマしてるつもりはないんだけどな〜。

でも勇気を出して振り返ってみると、前回の記事を書いたのが田植え直後。その時の田んぼはこんな感じですね。1本植えなので、田植え直後はどこに稲が植わっているのかも分からないくらいの頼りなさです。

f:id:kurashiCocoro:20210825201813j:plain

それが今や

f:id:kurashiCocoro:20210825201932j:plain

はい、モッサモサです。い、いつの間に…。

でもね、ありがたいことに今年の田んぼは絶好調だったのです。ヒエなんてほとんど1本も生えずにね。見学者が来てくれるくらいだったのです。

ん? 「絶好調だった」って過去形じゃね?

そうなんですよね〜。この辺りでは8月10日頃から今日まで、2週間以上に渡って雨が降り続いたんですよ。うちの稲はだいたい8月10〜12日頃に穂が出て花が咲くんですが、長雨のせいで穂がなかなか出なかったのです。

それまでグイグイと育ってきたのに、長雨で急ブレーキがかかった感じです。

そして穂がようやく出そろったのがつい先日ですよ。

f:id:kurashiCocoro:20210825202435j:plain

しかし晴れなかった。2週間に渡って、ほとんど晴れ間なし! いや〜、こんな経験はワタクシの短い農家人生でも初めてです!

例年よりも出穂が遅れたことが、これからどうひびいてくるのか、それとも何もなかったように収穫を迎えるのか⁉ ドキドキしながらこれからの生長を見守りたいと思います!

そしてドキドキといえば!

明日、8月26日の朝10時から、クラウドファンディングに挑戦しまーす!

https://readyfor.jp/projects/kurashi-cocoro

詳細は追々お伝えしていきますが、香りが苦手な方や、化学物質過敏症の方が安心して『くらしの宿Cocoro』お泊まりいただけるよう、宿を大改装したいと考えています。

香りや化学物質に悩まれている方って、私たちが考えている以上に大変な思いをされてるんですよ。外食はできない、外泊もできない、公共交通機関も利用できない。そんな方々が少しでも安心して、ホッコリできる宿に変えていけたらいいなぁと思っています。

あ、もちろん一般のお客さまの快適性をしっかりと確保した上で、ですよ。

どんな計画なのかもお伝えしていきます。たくさんのリターンをご用意しました。みなさん、ご支援、応援よろしくお願いしまーす!

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。