【ヘルプ!】『くらしの宿Cocoro』がこの冬を前に助っ人を募集しています!

執筆者 | 2022-10-17 | お役立ち情報, ニュース

みなさん、こんにちは。岐阜県郡上市にあるオーガニックな農家民宿『くらしの宿Cocoro』を営むただっちです。

突然ですが、みなさんはWWOOF(日本ではウーフ、海外の人はウフと発音することが多いです)というものをご存じでしょうか? 詳しい説明はコチラにありますが、簡単に言ってしまうと

「ゲスト(お手伝いをする人=WWOOFer)に農場などで作業を手伝ってもらう。その対価としてホスト(受け入れる人)は食事と暮らしを提供する」

というシステムです。ギブアンドテイクの関係性ではなく、ギブアンドギブに近いのかなぁ。そして有機栽培や自然栽培を営む農家しかホストにはなれないんですよ。

以前に専業農家をしていた頃はワタクシたちもこのWWOOFのホストをしていまして、年間300日くらい家にゲスト(主に外国人)がいるという年もありました。宿を始めようと思ったきっかけの一つが、この時期のWWOOF体験であったことは間違いありません。ま、宿を始めた途端に©がやってきて、状況は一変しちゃったんですけどね。

今回『くらしの宿Cocoro』ではそんなWWOOF的助っ人を大募集します!

『くらしの宿Cocoro』の作業を手伝って下さい。その代わり宿代はいただきません。

理由はいたってシンプルで、冬の準備がこのままでは間に合わないからです…。間に合わないからといって冬は待ってくれませんので、間に合わないなら間に合わないなりに収めるしかないのですが、それでもできるだけのことはしたいのが人情ってもんです。

ま、個人的にはお金がなくても旅をしたり宿に泊まれるシステムがあるといいなとか、自分の持っている技術を誰かの役に立てたいとか、いろんな人と交流したいとか。いろいろ思うところはあるのですが、その辺を語り出すといつまで経っても本題に入れません(笑)

お手伝いの内容はいたってシンプルですので、特別な技術はほとんど必要ありません(あるに越したことはありませんが)。お手伝いの内容や、こんな人に助っ人に来て欲しいということを簡単にまとめましたので、まずはご一読ください。

お手伝いの内容

①畑や田んぼの後片付けと来年の準備

②宿周りの整備(掃除、草を刈る・敷石を並べるなど)

③宿の屋根や外壁のメンテナンス(ペンキ塗り)

④鶏小屋を建てる

⑤水を引く(季節的に難しいかも)

時間ができたらやろうやろうと思いつつ、モノによっては3年くらいずっと手つかずになってるんですよね…。そしてありがたいことに、今年は春からお客さまがたーくさんお越しいただいてます! なのでますますまとまった時間が取れずに作業が進まない。いや〜、何事もそうですけど、バランスを取るのってホント難しいですね。

お手伝いの内容を読んでいただいたらお分かりだと思いますが、基本的にはワタクシたちが普段やっている(もしくはやろうとしている)ことですので、そんな難しいことはないのです。

そして①から⑤まで、かつては暮らしにあるいは農に関わることとして、どこの家でも普通に自分たちでやってきたことなんですよね。

小屋根のペンキを塗っているところ

戦後は田舎の家を出て都市部に移り、何かしら専業に就いて現金を稼ぐ、というライフスタイルが一般的になりました。その結果、日々の食べ物の生産や家のメンテナンスなどは農家や業者さんにお金を払って手に入れる、いわばアウトソーシングすることが普通になりました。でもかつては農作業をして日々の食べ物を得、また農閑期などに家や畑のメンテナンスをして暮らしを維持してきたのです。

どれくらい現在の暮らしが当時とかけ離れたものになっているのか。試しに「屋根・メンテナンス」などのワードで検索をかけてみてください。出てくるのは業者の宣伝ばかり。自分でこうすればいいよ、といった暮らしの知恵的な情報は上位には全く出てきません。これって生きていく上ですごく残念なことだと思うのです。

じゃあお前も自分で全部やらんかーい、とツッコまれると何も言えないのですが(汗) ま、せっかくなので(何がせっかくなのかサッパリ意味不明ですが)、ここはひとつ、みんなで楽しくやろうじゃないですか♪

こんな人求む

・みんなで楽しく過ごすことができる

・丁寧な作業ができる

・農の経験がある

・体力がある

・気力もある

・ネコが好き

これは作業のスキルというよりは、どんな人と一緒に作業をしたいかというワタクシたちの希望ですね〜。全てに当てはまる必要はありませんが、1つも当てはまらないかたはちょっと難しいと思います。

あると嬉しい技術

・軽トラ(MT)が運転できる

・小屋が建てられる

・ご飯を作るのが得意

これまたワタクシたちの単なる希望です。これは1つも当てはまらなくても何の問題もありません。滞在中に今までやったことがないことができるといいですね。

メリット

・『くらしの宿Cocoro』に無料で最長1週間(土日を除く)宿泊できる

・毎日オーガニックなご飯(3食)と昼寝付き

・お手伝いをしながらスキルアップできる(かも?)

・ネコと遊べる

注意点

・お手伝いに来ていただく人は同じ志を持つ仲間だと思っています

・「お客さま」としての対応をご希望のかたはご遠慮ください

・金銭の授受は一切発生しません

・食事の提供はしますが、アルコール類はご自分でご用意下さい

詳しい内容

・1日最大2名まで受け入れ可能です

・最低2泊3日〜(1泊2日だと作業の説明に時間がかかってしまうため)

・最長1週間(土日を除く5泊6日)ですが、場合によっては延長も検討します

・1日の作業時間は7時間以内(朝は8時〜11時半、昼の休憩をはさんで午後1時半〜5時くらいまでが目安です)

・内容によっては作業時間を延長することもあります

・繰り返しになりますが、金銭の授受は発生しません

・上記の理由により外国からの旅行客も受け入れ可能です(ただし英語が話せること)

期間

・2022年10月24日(月)〜11月25日(金)の平日

・天候や作業の進捗状況によって期間延長、または早期終了の可能性があります

場所

・くらしの宿Cocoro(岐阜県郡上市大和町牧740)

・無料駐車場がありますので、お車で来てもらって大丈夫です

・公共交通機関をご利用のかたは最寄駅まで送迎します

お申し込み方法

お問い合わせフォームより、必要事項を記載してください

・自己PRを必ずお願いします!

・不明な点はこちらから簡単な質問をさせていただきます

・同時期に応募者が多数の場合、こちらの判断でお断りする場合があります

みなさん、お手伝いよろしくお願いしまーす!

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です