猫カフェ…、ではありません。こう見えても宿なんです。

実はネコと遊べる宿なんです

執筆者 | 2022-12-3 | ネコ, 宿のこと, 田舎ぐらし

※この記事は2019年11月に公開した「ネコとくらせば」に加筆、写真の置き換え、ネコの年齢を現在のものに修正して、2022年12月に再度公開したものです。

みなさん、こんにちは。岐阜県郡上市でオーガニックな農家民宿『くらしの宿Cocoro』を営むただっちです。

昨日の朝、どうやら初霜がおりたみたいです。「みたいです」というのは、宿の掃除をしてたら日が昇ってしまっていて、霜を確認できなかったからなんですが…。これからは日に日に寒くなっていきます。明日朝の予報はなんと3℃。お〜、もう冬だ冬だ。

さて、いつもブログを読んでくれている皆様にだけコッソリお伝えしますが、『くらしの宿Cocoro』には秘密のコンセプトがあります。

ブログを読んでくださっているかただけにコッソリ教えちゃいますが、それは

「めざせ、猫カフェ!

です!!

猫カフェめざして日々トレーニングにゃ

すいません。ウソです。そんなコンセプトありません。

ワタクシたちはネコが好きで、以前暮らしていた場所からネコ4匹と一緒にここ郡上に引っ越しをしました。移動なんて車に乗せるだけだし、まぁ大丈夫だろうと最初は甘く考えてたんですが、ネコって車がむちゃくちゃキライなんですよね…。引っ越しが大変すぎて、ネコのことを考えるのをすっかり放棄していました。

郡上への移動の道中、「出せー」「降ろせー」「怖いよ〜」などと、それはそれは大変でした。友人の助けを得て無事に郡上へ引っ越すことができたのですが、ネコは車に乗せちゃかわいそうですね。ゴメンなさい 。もうしません。

今回は『くらしの宿Cocoro』の主力スタッフでもある、4匹のネコたちをご紹介したいと思います。

まずは長老、福乃輔。愛称は「ふく」です。

農家らしく小豆のサヤを見つめるふく。

たぶん11歳(2022年現在)なので、人間でいうと70歳くらいでしょうかねぇ。

未だ落ち着くということを知らず、朝だろうが夜だろうが、家の中だろうが庭だろうが、とっても元気に走り回っています。高い声で「ニャニャニョ〜」と鳴きます。時々トイレと間違えて、あらぬところで粗相をしたりもします(マジで止めて下さい)。

お客さまがおみえになると、いつも先陣を切ってお迎えに行きます。ゴキゲンがよければお見送りも。一番触ってもらえる可能性が高いネコスタッフです。

次は静かな白黒ちゃん、次男坊のもちです。相性は「ちーも」です。

f:id:kurashiCocoro:20191105180452j:plain
どうしたんだ、このうっとり顔は?

以前のちーもはとっても内弁慶だったのですが、最近はちょっと社交的になってきました。

というか、相手が自分より弱いと見たら、すかさず必殺の猫パンチです! 泣かしたちびっ子は数知れず…。ちびっ子は絶対に近づかないでください。「クー」と鳴きます。夏の間はよそよそしいのに、冬になると人恋しくなって、いつも膝や肩の上にやってきます。今も膝に乗っています。

そして食いしん坊の三男、チャイです。愛称は「チャイチャイ」。ちょっとオラオラのジャイアンキャラですが、まあるい顔の憎めないヤツです。

絵本のネコとそっくりさ

ちょっと太めなので、ダイエットご飯を食べています。でもいつもほかのネコのご飯を盗み食いして、結局体重をキープしちゃうんだよなー。飼い主の心ネコ知らずです。「ワッキャオ」と鳴きます。

そして最後は紅一点、琴音です。愛称は「ことちゃん」。

f:id:kurashiCocoro:20191105181653j:plain
女の子だからか、何をやってもかわいいことちゃん

ことちゃんはノラ出身ということもあり、4ニャンの中では一番ワイルドです。宿周辺のモグラを捕り、鳥を捕り、蛇を捕り、ひたすらワイルドな暮らしを送っています。でも最近は薪ストーブの横のソファーがお気に入り。ここへ来てようやく少しだけ、人と一緒に暮らすことに慣れてきたみたいです。

私たちはそんな4ニャンと一緒にくらしているのですが、みーんな捨て猫です。ふくはノルウェージャン・フォレストキャット(の雑種)だし、チャイチャイはスコティッシュフォールド(たぶん純血種)なんですが、どちらも保護した時には捨てられてかなりの日数が経っていて、ガリガリにやせていました。

あ、正確に言うと、チャイチャイは友だちが山奥で拾って、「お前なら飼えるだろ」と勝手にうちに置いていったんだったわ(笑)

獣医さんによると、チャイチャイは片目がちょっと不自由なので、売れないと判断したブリーダーが山奥に捨てたんじゃないか、とのこと。じゃあふくはなんで捨てられたんだろうか? 

人間の都合で捨てられたり売られたり。種類によっては流行りやすたりもありますよね。そんな人間のエゴに巻き込まれる動物たちには本当に申し訳ないことをしているなぁと、いつも思います。私たちにできることは、縁あって一緒にくらしているネコたちに、少しでも幸せに生きてもらうこと。

そして願わくば、『くらしの宿Cocoro』に来ていただいたお客さまにも、ネコと触れ合って癒やされて欲しい。そんな風に思っています。

f:id:kurashiCocoro:20191030174503j:plain
こんなまったりな時間がいいんだよにゃ

以上、何かちょっといい感じでまとめてみましたが、単なる猫バカの独り言でした〜!

もうすぐ年末です。ネコとまったりできる宿『猫カフェCocoro(ウソですよ)』のご予約はウェブサイトから。

みなさん、よろしくお願いしまーす。

2 コメント

  1. noritomi294

    ことちゃんは、うちのモコに似ています。
    気性も似ているようです。
    読者になります。
    よろしく。

    返信する
  2. kurashiCocoro

    久留米じいじさん
    コメントありがとうございます! そうなんですね~。ネコは毛の色や品種によって、ある程度性格が決まるみたいですよ。モコちゃんにも会いたいなぁ。
    これからもよろしくお願いします!

    返信する

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です